トップページへ メール 申し込みはこちらです
広報センター
エディター・毎月10・25日発行月刊「パートナー」




機関紙広報研究センター

 TOP > 新着情報
新着情報 ★機関紙の記事作りの参考になれば、ご遠慮なくご利用ください。

★エディターPDF配信について★

 ●「エディター」会員組織はこちらへどうぞ

 ●「エディター」非会員組織はこちらへどうぞ

 ● ニュース・ザッピング



機関紙製作の強い味方『エディター』がさらに便利に

エディターPDF配信中

非会員組織は無料サンプルを一度お試しください。


機関紙広報研究センターではNPOや労働組合の広報担当者が機関紙発行のために必要な情報、転載可能な記事やビジュアルを中心にしたネタ本として『エディター』を発行し好評を得ていますが、パソコン編集にもっと便利に利用していただけるよう「エディターPDF配信」をはじめました。毎月2回発行の『エディター』の有料購読会員になれば、記事も画像もイラストも簡単にコピー&貼り付けができる『エディター』のPDFデータを利用できます。

 『エディター』は機関紙製作の強〜い味方です。

◆『エディター』を購読していない組織はまずは無料サンプルをお試しください。◆

手順1:下記アドレスへ (1)組織名 (2)担当者名 (3)送付先アドレス をご連絡ください

info@kouhou-c.jp



手順2:パスワードを手に入れて、下記をクリック。


edi_20130525.pdf (5.80MB)

お知らせしたパスワードを入れると、エディターのPDFデータのサンプルが閲覧できます。
※ただし、非会員の方の無料サンプルのご利用は1回までです。ご了承ください。

●ご利用方法●

■PDFファイルを閲覧するためには、「Acrobat Reader」(無償)がインストールされている必要があります。インストールされていない方はインターネットからダウンロードしてください。
※最新のバージョンで閲覧することをおすすめします。古いバージョンでは表示が乱れる可能性があります。

■画像(図や表)のコピー方法
@ツールバーのスナップショットツール(カメラボタン)を選択。
Aコピーする範囲をドラッグして囲みます。
B囲んだ部分がコピーされるので、あとはアプリケーションに貼り付けるだけです。
※[スナップショット]ツールがない場合は、【ツール】→【ツールバーのカスタマイズ】を開き、[スナップショット]ツール(カメラのマーク)のチェックボックスをオンにして[OK]をクリックしてください。

■文章のコピー方法
@ツールバーの「選択ツール」を選択します。
Aコピーしたい文章の最初から最後までを選択します。選択した部分は色が変わります。
B編集/「コピー」を選択します。
Cアプリケーションに貼り付けます。
※[選択]ツールがない場合は、【ツール】→【ツールバーのカスタマイズ】を開き、[選択]ツール(矢印のマーク)のチェックボックスをオンにして[OK]をクリックしてください。

※こちらはあくまでサンプルです。非会員組織の方は、許可なく機関紙などに転載することはご遠慮ください。



「エディター」会員組織はこちらをどうぞ

エディターPDF配信

パスワードをお知らせしています。




『エディター』2月25日号
edi_20180225.pdf (10.9MB)


まだメールアドレスをご登録していない「エディター」会員組織は


→ info@kouhou-c.jp

 へご連絡を。ますます便利になった「エディター」をどうぞお見逃しなく。

●ご利用方法●

■PDFファイルを閲覧するためには、「Acrobat Reader」(無償)がインストールされている必要があります。インストールされていない方はインターネットからダウンロードしてください。
※最新のバージョンで閲覧することをおすすめします。古いバージョンでは表示が乱れる可能性があります。

■画像(図や表)のコピー方法
@ツールバーのスナップショットツール(カメラボタン)を選択。
Aコピーする範囲をドラッグして囲みます。
B囲んだ部分がコピーされるので、あとはアプリケーションに貼り付けるだけです。
※[スナップショット]ツールがない場合は、【ツール】→【ツールバーのカスタマイズ】を開き、[スナップショット]ツール(カメラのマーク)のチェックボックスをオンにして[OK]をクリックしてください。

■文章のコピー方法
@ツールバーの「選択ツール」を選択します。
Aコピーしたい文章の最初から最後までを選択します。選択した部分は色が変わります。
B編集/「コピー」を選択します。
Cアプリケーションに貼り付けます。
※[選択]ツールがない場合は、【ツール】→【ツールバーのカスタマイズ】を開き、[選択]ツール(矢印のマーク)のチェックボックスをオンにして[OK]をクリックしてください。

※装飾のしてある見出しは画像データにしていますので、文字データとしては使用できません。画像データとしてスナップショットツールをご利用いただくことをお勧めします(「画像(図や表)のコピー方法」参照)。

※文字化けについて※
この形式のデータは『エディター』のレイアウトデータをダイレクトにPDF化しています。このため、記号が表示されなかったり、まれに文字化けが発生するようです。恐れ入りますが、ご利用の際にはこの点をご理解ください。

※写真について※
PDFデータでの写真は、容量軽減のため少し粗くなっております。
解像度を上げた写真データをご希望の方は、個別にデータをお送りしますので、ご連絡ください。

各自お使いのパソコン環境によって、多少の不具合が生じることもあるかと思われます。画面上でファイルを開いたときに、何かお困りになることや質問などございましたら、info@kouhou-c.jpまでお問合せください。
また、ご意見・ご希望なども受け付けております。よろしくお願いします。

 


●ニュース・ザッピング



完全失業率11月
2.7%
総務省発表の2017年11月の 「労働力調査(基本集計)」(速 報)によると、完全失業率(季 節調整値)は2.7%で、前月に 比べ0.1ポイントの低下。
■総務省
有効求人倍率11月
1.56
2017年11月の「一般職業紹 介状況」による有効求人倍率 (季節調整値)は1.56倍で、前 月に比べて0.01ポイント上昇。 新規求人倍率は2.37倍。
■厚生労働省

 

 





中学は京都、高校は沖縄
修学旅行の人気先 /日本修学旅行協会 (2017.12)

 日本修学旅行協会の「修学旅行の実施状況調査」によると、修学旅行の実施状況(中 学校)は、「国内修学旅行」95.2%、「海外修学旅行」3.3%、「不実施」1.5%だった。 高校では「海外修学旅行」が14.6%と10ポイント以上増える。実施時期は中学校で5月 が最多の309校、高校は11月が最多の183校だった。

 

人気旅行先は中学校で、@京都19.9%A奈良17.5%B東京12.9%C千葉11.6%D大阪 6.5%で、前回と同じだった。高校は、@沖縄16.8%A東京11.4%B京都10.1%C大阪 8.9%D千葉7.6%で、3年間変わりなしだった。この調査は、2015年度実施の国内修学 旅行先などを聞いたもので、全国の国立、公立、私立の中高校対象で、中学882校、高 校1030校が回答している。



子どもの名前、男子1位「悠真」女子「結菜」 
  女子で目立つ「植物にちなんだ文字」 (2017.12)

 明治安田生命保険は11月28日、2017年に生まれた子どもの名前ランキングを発表した。 男の子は「悠真」(主な読み方=ゆうま、以下同じ)「悠人」(ゆうと)「陽翔」(は ると)の三つが、女の子は「結菜」(ゆいな)「咲良」(さくら)の二つがそれぞれ最 も多かった。同社の保険加入者の子ども1万6330人を調べた。男の子では「湊」(みな と)「蒼」(あおい)「蓮」(れん)といった漢字一字の名前が人気で、上位50のうち 19が一字だった。女の子は「菜」「花」「莉」など、植物にちなんだ文字を入れた名前 が目立った。読み方でのランキングは、男の子は「はると」、女の子は「さくら」が最 も多かった。



■男の子(名前と主な読み方)
1位 悠真 ゆうま、はるま、ゆうしん
同  悠人 ゆうと、はると、はるひと
同  陽翔 はると、ひなと、あきと
4位 湊 みなと、そう
5位 蓮 れん
5位 蒼 あおい、そう、あお



■女の子
1位 結菜 ゆいな、ゆな、ゆうな
同  咲良 さくら、さら
3位 陽葵 ひまり、ひなた、ひな
4位 莉子 りこ
5位 芽依 めい



世界一のクリスマスツリーの点灯式
神戸港のメリケンパーク /12月2日 (2017.12)

 神戸港のメリケンパーク(神戸市)で12月2日、高さ約30メートルの「世界一のクリ スマスツリー」の点灯式が開かれた。LED(発光ダイオード)投光器で赤や青など色 とりどりにライトアップされたツリーには、来場者らの願い事が書かれた反射材約1200 枚が飾られ、輝きを増した。企画したのは「そら植物園」(兵庫県川西市)代表の西畠 清順さん。富山県氷見市の約24トンのアスナロの木を、船で神戸まで運んだ。反射材は 1枚500円で販売し、週末のイベントとして随時飾られる。シンガー・ソングライター の槇原敬之さんがツリーの下で4曲を歌い、周囲はクリスマスムードに包まれた。点灯 期間は26日まで。





月の地下に空洞
全長50km
月の地下に全長50キロメー トルにわたって延びる巨大な 空洞があることがね日本の月 観測衛星「かぐや」の観測デー タによって分かった。
■JAXA
座っておしっこ
男性44
アンケート結果によると、 男性が自宅トイレで「座って 排 尿する人は 4 4 %だった 。 「立ってする」人は55%で拮 抗してきている。


■NPO法人トイレ研究所

 

 





「クリぼっち」65.0% 
今年のクリスマス、ひとりが多数  (2017.12)

 レオパレス21の「ひとり暮らしとクリスマスに関する意識実態調査」(ひとり暮らしの 全国20〜39歳社会人男女600人)によると、今年のクリスマスの予定は、「ひとりで過 ごす」 65.0%(昨年52.2%)で、「クリぼっち」を「寂しいと思わない」が69.5%と 7割近く。「寂しいと思う」は30.5%だった。

理想のクリスマスの過ごし方は、「ひとり、家でまったり過ごす」38.5%、「彼氏、 彼女、意中の相手と家でまったり過ごす」29.5%、「彼氏、彼女、意中の相手と外でデー ト」 22.5%。まったり…か。高級レストラン&ホテルは終焉。サンタからのプレゼン トで欲しいものは、@恋人27.8%A洋服20.1%B時計18.2%C靴 17.9%D鞄16.7%、 だった。



時間のムダだと思った仕事は「朝礼」 
打ち合わせ・お茶くみ・業務報告作成なども  (2017.12)

 シチズン時計の「社会人1年目の仕事と時間意識」(全国の17年春入社・正規雇用新 入社員、男女各200人)によると、時間のムダだと思った仕事は、@朝礼15.3%Aちょっ とした打ち合わせ13.8%Bお茶くみ13.8%C社内会議11.5%D業務報告書作成11.5%E 掃除10.5% など。1日の業務時間(8時間)で、集中して仕事できる時間は、平均で4時間22分(男 性4時間15分、女性4時間37分)。一般的に集中できる時間は15分の波があって、90分と 言われ、小中高の授業時間が40〜50分、大学で90分。同時通訳は15分と言われる。

月当たりの上司との飲み会の頻度についても聞いているが、「ない」が41.5%で、女 性に限定すれば50.5%と半数を超える。「1回」が36.5%。上司との飲み会の理想の時 間は「2時間」が最も多く44.4%だった。



調査開始以来2番目に高い水準
 2017年11月の景気DI /民間調査(2017.12)

帝国データバンクは5日、「TDB 景気動向調査(全国)」(11月調査)を発表した。 11月の景気DIは前月比0.9ポイント増の50.0で、調査開始以来2番目に高い水準。今後 の国内景気は、輸出の好調継続などを受け、企業部門が主導するかたちで回復傾向が続 くことが見込まれる。

 

業界別では、7業界が改善し、2業界が悪化、1業界が横ばいとなった。機械類や自 動車関連などの輸出増加を受けて、「化学品製造」「鉄鋼・非鉄・鉱業」の2業種が3 カ月続けて過去最高を更新、『製造』全体も2カ月連続で過去最高となった。地域別で は、「北関東」「東海」「中国」など10地域中8地域が改善し、「北海道」が横ばい、 「北陸」が悪化。



広辞苑が10年ぶりに改訂へ 
発売は2018年1月12日 /岩波書店 (2017.11)

 岩波書店は10月24日、国語辞典「広辞苑」の改訂版(第7版)を来年1月12日に刊 行すると発表した。現行の第6版は2008年1月の刊行で、10年ぶりの改訂となる。「デ トックス」「ブラック企業」「安全神話」「がっつり」など、第6版の刊行後に定着し たと考えられる新語約1万語を追加し、総項目数は約25万となる。全3216ページ。普通 版は9720円で、2分冊の机上版(1万5120円)も発行する。それぞれ来年6月30日まで の割引価格も設定する。



所有者不明土地が北海道の9割分 
  2040年時点推計、研究会発表 (2017.11)

 民間有識者でつくる研究会はこのほど、2040年時点で所有者が分からない土地が全国 で約720万ヘクタールに達する可能性があるとの推計を発表した。北海道(約780万ヘク タール)の約9割の広さ。所有者不明の土地が及ぼす経済損失は17〜40年の累計で約6 兆円に上ると見積もった。研究会は6月、所有者不明の土地は16年時点で九州を上回る 約410万ヘクタールとの推計を公表した。今回は所有者不明の土地に関する対策を取ら ないことを前提に、20〜40年に生じる土地の相続で約3割が未登記になるとみて、40年 は16年比で310万ヘクタール増加すると見込んでいる。



猛烈な台風、日本で増加か 
気象庁気象研究所が予測  (2017.11)

 地球温暖化が進み、平均気温が現在より約3度上昇した場合、日本の南海上に到達す る猛烈な台風が増加する可能性が高いとの研究結果を、気象庁気象研究所がこのほど、 発表した。石井正好第4研究室長は「日本に上陸する猛烈な台風も増える可能性がある。 きちんとした災害対策が必要だ」と話す。チームは、コンピューターを使って地球全体 の気候のシミュレーションを実施。1979〜2010年の状況と、温室効果ガスの排出削減が 進まず現在より約3度気温が上昇した21世紀末の予測を比べた。



日本初の地質年代名「チバニアン」  
地球の歴史で約77万〜12万6000年前  (2017.11)

 地球の歴史で約77万〜12万6000年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名され る見通しになったことがこのほど分かった。この年代の基準地として千葉県の地層を国 際学会に申請し、命名を目指す日本の研究チームが、競合するイタリアを一次審査で破っ た。日本が全体の6割以上の支持を得て候補地に選ばれた。初めて日本の名前が付く快 挙となる。来年にも見込まれる正式承認までさらに3段階の審査があるが、過去に作業 部会の結論が覆ったのは例外的なケースだけで、事実上の決着となった。



空き店舗を仮設住宅に活用 
巨大地震に備え法改正 /国交省  (2017.11)

 国土交通省はこのほど、南海トラフ巨大地震や首都直下地震などの大規模災害に備え、 仮設住宅として空き店舗や事務所などを活用できる制度を創設する方針を固めた。用地 取得が不要な既存の建物を有効利用することで、大幅な不足が懸念される被災者向け住 宅の迅速な確保を目指す。早ければ来年の通常国会に建築基準法改正案を提出する。現 行の建築基準法は、プレハブ仮設住宅などの建築構造を定める一方、住居ではない既存 の建物を仮設住宅に活用することは想定していない。ただ、東日本大震災を機に行政が 借り上げる「みなし仮設住宅」が本格導入されており、この考え方を空き店舗などにも 適用させる。



会計検査院が「不当」指摘   
 全国から2万6338句くまモンの弁当やドリンク代 (2017.11)

熊本県のキャラクター、くまモンのプロモーション活動中に飲食費として使った計36 万2569円について、会計検査院が「目的外に使用され不当と認められる」と指摘。くま モンの「活力維持」などが目的だったが、国の緊急雇用創出基金が使われており、県は 「速やかに返還したい」としている。指摘を受けたのは、くまモンが2013年度の1年間 に関西方面で活動した際に、飲んだり食べたりしたスポーツ飲料や弁当、レストランな どでの食事の代金。この事業は県が約2385万円で熊本市のイベント会社に委託。6人の スタッフが参加した。



ダニから感染「つつが虫病」で死亡 
1〜2週間後に発疹や発熱の症状 /初事例 (2017.10)

 宮古保健所管内の病院で昨年12月に亡くなった60代男性の死因が、ダニ媒介の感染症 「つつが虫病」だったと発表した。同病の死亡例は県内で初めて。山野や畑などで病原 体を持つダニ(ツツガムシ)に刺されて感染する。同課は「山林や畑などに入って、1〜 2週間後に発疹や発熱の症状が現れたら、すぐに医療機関で受診するように」と注意を 呼び掛けている。ツツガムシは山林や河川敷、畑などの地中に生息するが、幼虫(体長 約0・2ミリ)時のみ地表に出てきて、ネズミなどの動物に寄生するという。

 感染すると、38度以上の発熱やリンパ節の腫れ、発疹などの症状が現れ、重症化する と死亡する恐れがある。潜伏期間は5〜14日で人から人には感染しない。抗生物質の投 与による治療が有効。同病は2008年に県内で初めて患者が確認された。その後、宮古保 健所管内(宮古島市、多良間村)だけで、ほぼ毎年患者が報告され、16年は過去最多の 10例だった。今年は9月25日時点で2例。全国では北海道を除く各地で感染が報告され、 近年の患者数は年間300〜500人。患者の約0・5%が亡くなっているという。



低所得の割合、40歳代世帯は増加傾向 
  高齢者世帯では減少   /国民生活基礎調査 (2017.10)

 低所得の割合が世帯主が40歳代の世帯では増え、高齢者世帯では減っている――。厚 生労働省が2014年度まで20年間の国民生活基礎調査の家計所得を分析したところ、こん な結果が出た。調査によると、世帯主が40歳代の世帯では、単独世帯やひとり親世帯の 増加で総所得が300万円未満の低所得世帯の割合が増加。一方、高齢者世帯は低所得世 帯の割合が減り、中所得世帯の割合が増えていた。これは、日本の所得の再分配機能が、 「現役世代に比べ、高齢者世代に手厚い構造になっている」ことも理由の一つで、今後、 世代や世帯ごとにきめ細かに再分配政策を考えるとともに、現役世代の所得向上支援や 全世代型の社会保障への転換が必要となると、指摘する専門家もいる。



8月の熱中症搬送者2割減 
日照時間短く前年下回る /総務省消防庁 (2017.10)

 総務省消防庁はこのほど、8月の熱中症による搬送者数は1万7302人だったと発表し た。前年同月の2万1383人に比べ19.1%減で、42都道府県で前年を下回った。65歳以上 の高齢者が搬送者全体の半分程度を占め、死者は14人だった。消防庁は搬送者が減った 要因として、東日本の太平洋側で8月の日照時間が例年に比べかなり短かったことや、 台風の影響で東日本の日本海側で降水量が多かったことを挙げる。



「あおり運転」など3000件超 
落下物による事故も多発 /警察庁 (2017.10)

 警察庁の坂口正芳長官は10月19日の記者会見で、高速道路上での「あおり運転」など 車間距離不保持による今年上半期の摘発が、3056件に上ったことを明らかにした。昨年 1年間の摘発件数は6690件だった。坂口長官は、進路をふさがれ停止した車が追突され、 2人が死亡した今年6月の東名高速道路での事故に触れ、「重大事故につながりやすい 悪質危険な交通違反の取り締まり活動を、今後とも推進したい」と述べた。その上で 「危険な運転者に追随されるなどした場合には、近くの安全な場所に待避し110番し てほしい」と呼び掛けた。

 

岡山県津山市の中国自動車道で、落下物のタイヤに車が乗り上げ路肩に避難した母娘 2人が、同じタイヤに接触し横転したトレーラーにはねられ死亡した事故で、タイヤが スペア用か積載物の可能性が高いことが県警高速隊が明らかにした。同隊は自動車運転 処罰法違反(過失運転致死)の疑いも視野に落とし主の特定を進めている。県警による と、タイヤは直径約1メートル、重さ約90キロの大型車両用。追い越し車線に落ちてい たとみられ、事故を誘発した。県警は、事故前に脱輪車の情報が寄せられていないこと などから、スペアタイヤか荷台の積載物の可能性が高いとみて捜査。



2016年度、結婚式費用は354万円  
親族ら招待客の減少 /ゼクシィ調査  (2017.10)

 結婚情報誌「ゼクシィ」を制作するリクルートマーケティングパートナーズ(東京) が10月18日発表した結婚トレンド調査によると、2016年度に挙式や披露宴にかけた費用 の総額は全国平均で354万8000円だった。親族ら招待客の減少が影響し、調査開始以来最 高だった前年度と比べて4万9000円減った。同社の担当者は「総額が減ったとはいえ、15 年度とほぼ同水準。結婚式は特別な消費で、あまり景気に左右されない。おもてなしを したいという気持ちは変わっていない」と話す。沖縄を除く全国を対象に調査。15に分 けた地域別でみると、最もお金をかけたのが「九州」で379万4000円だった。



間に合ったこんな幸せありますか? 
 全国から2万6338句 /トイレ川柳(2017.10)

TOTOはこのほど、「第13回トイレ川柳」の優秀作品を発表した。2万6338句の応 募があり、最優秀賞には「間に合った こんな幸せ ありますか?」が選ばれた。トイ レ川柳は2005年から毎年実施し、コピーライターの仲畑貴志さんが選者を務める。

 

次点は「空梅雨で 節水型に 換えました」。新設された仲畑貴志賞には「あの時に  行っておけばと 思う時」など3句。小学生以下のキッズ賞は「かえり道 ガマンとた たかう 二年生」「ばあちゃん家 トイレが二つ 羨(うらや)ましい」など3句が選 ばれた。同社は11月10日(トイレの日)、優秀20作品を印刷したトイレットペーパーを 全国の書店で発売する。1ロール350円。



所在不明の18歳未満の子ども28人
住民登録は去れているが /厚生労働省 (2017.09)

 全国1741市町村対象(2017年6月1日時点)の、厚労省「住民登録しながら所在不明の 18歳未満の子ども」によると、住民登録しながら所在不明の18歳未満の子どもは28人 (男15人、女13人)、昨年の所在不明者は25人。うち11人は2015年調査開始から行方が 分かっていないという。

 うち3人は就学させていないなど過去に虐待情報があり、事件に巻き込まれた可能性 もある。各自治体は警察や児童相談所と連携し、安否確認を急いでいる。28人中17人が 就学前、3人が小学生、5人が中学生、3人義務教育を修了している。昨年6月1日時 点で乳幼児健診を未受診だったり、学校に来ない1630人について各自治体が調査したも の。都道府県別では、兵庫7人、熊本5人、東京4人、栃木、埼玉、長野、和歌山各2 人、茨城、愛知、岡山、山口各1人。



海が「好きだ」51.8% 
  海に親しみ「沖縄」がトップ   /日本財団 (2017.09)

 10代(15〜19歳)2200人、20〜60代9400人(各都道府県200人)に聞いた日本財団の 「海と日本に関する意識調査」によると、海が好きかどうかの問いに「好きだ」は51.8 %でギリギリの半数超え。「どちらともいえない」が29.2%、「あてはまらない」が 19.0%だった。

 

「海に親しみを感じる」人は34.8%で、小学生のころ「海に日常的によく行った 」 は 8.7%、現在も「海水浴によく行っている」は11.4%%。海への絆度(愛着度)、都 道府県ランク(関連5設問をスコア化)は1位「沖縄」、2位「宮崎」、3位「熊本」 で、ワースト3は「群馬」石川」「岐阜」だった。能登半島のある石川がワースト3の 46位というのは? 海はきれいそうだが、都市住民がプール派なのか。



内閣支持率は横ばい44% 
民進前原代表51%期待せず /共同 (2017.09)

 共同通信社が9月2、3両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍内閣の支持 率は44.5%で、内閣改造直後の前回8月調査から0.1ポイント増の横ばいだった。不支 持率は2.9ポイント増の46.1%。民進党の前原誠司新代表には「期待しない」が51.2% で、「期待する」の40.3%を上回った。

 

今後の国政選挙で、民進党が共産党などとの共闘関係を「続けた方がよい」が33.0%、 「よいと思わない」は51.8%だった。小池百合子東京都知事の側近が年内結成を目指す 国政新党に「期待する」は38.4%で、「期待しない」が51.0%となった。



正社員不足、企業の45%に
IT関連で深刻、家電・情報機器小売や放送も  (2017.09)

 帝国データバンクはこのほど、人手不足に関する企業の動向調査結果を発表した。「正 社員が不足している」と回答した企業は、2016年7月の調査に比べ7.5ポイント増の 45.4%となり、06年5月の調査開始以来の最高を更新した。人材難はIT関連業種などで 深刻化しており、企業活動を制約する可能性もある。調査は今年7月18〜31日に全国2 万3767社を対象に実施した。回答率は42.5%。

 

業種別では、ソフト開発など「情報サービス」が9.7ポイント増の6.7%と最も高く、 「家電・情報機器小売」や「放送」、「運輸・倉庫」も60%台だった。帝国データは 「商品・サービスの新規開発に影響が出ており、人手不足を原因とした倒産も増加して いる」と指摘。今後の経済成長に向け、「働き方改革を進め、性別や年齢にかかわらず 働きやすい環境を整えることが重要だ」と分析している。



自殺率、26年までに3割減を 
総合対策大綱を閣議決定  (2017.09)

 政府はこのほど、国の指針となる今後5年間の自殺総合対策大綱を閣議決定した。先 進7カ国中ワーストの自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)について、2026年ま でに30%以上減少させて他国並みにする数値目標を設定した。昨年の自殺者数は7年連 続で減少し、22年ぶりに2万2000人を下回ったが、大綱では「非常事態はいまだ続いて いる」と強調。未成年者の自殺死亡率は横ばいで推移している上、20〜30代の死因は依 然として自殺がトップを占めており、若年層対策のさらなる推進を打ち出した。自殺率 は他の先進国が7.2〜15.1人なのに対し、日本は15年時点で18.5人。これを26年までに 13.0人以下にするとしているが…。



高齢運転者事故「喫緊の課題」
 2017年版「警察白書」 /警察庁(2017.09)

警察庁はこのほど、2017年版の警察白書を公表した。「交通安全対策の歩みと展望」 と題した特集では、16年の交通事故死者数が67年ぶりに4000人を下回った一方で、死亡 事故に占める高齢運転者の比率が高まっていることを挙げ、「超高齢社会が到来したわ が国において、対策は喫緊の課題になっている」と指摘した。同庁によると、交通関係 の特集は05年以来。白書によると、死亡事故に占める75歳以上の運転者の割合は07年の 8.2%から、16年には13.5%に増加。原因は操作ミスが最も多く、75歳未満に比べ、ブ レーキとアクセルの踏み間違いの比率が高いことなどをグラフを使い紹介している。



今春大卒の就職者76% 7年連続上昇
非正規は、前年度より796人減の1万8342人  (2017.08)

 今春の大学(学部)卒業生56万7459人のうち、非正規も含む就職者は5月1日時点で 43万2088人だったことが、文部科学省の17年度学校基本調査(速報値)で分かった。卒 業生に占める割合は前年度より1.4ポイント増の76.1%で、7年連続で上昇した。

 就職者のうち契約社員など非正規の人は、前年度より796人減の1万8342人で、割合も 0.2ポイント減の3.2%。文科省の担当者は「景気の回復傾向が続いていることで、就職 者の割合が増えている」とみている。一方、厚生労働省と文科省が5月に公表した就職 率は、97.6%と統計を開始した97年春卒以来最高だった。



日焼けを気にせずプールを楽しむ 
  仕事帰りの若者ら  /ナイトプール (2017.08)

 「日焼けを気にせずプールを楽しむ」。東京都内の遊園地や高級ホテルで夜に営業す る「ナイトプール」が人気を集めている。猛暑を避けつつ夏気分を味わえると、プール サイドは仕事帰りの若者らでにぎわう。

 「日焼けを気にせずプールを楽しむ」。東京都内の遊園地や高級ホテルで夜に営業す る「ナイトプール」が人気を集めている。猛暑を避けつつ夏気分を味わえると、プール サイドは仕事帰りの若者らでにぎわう。 西武グループの遊園地「としまえん」は30年ぶりにプールの夜営業を再開。昼だけで 営業してきたが、埼玉県の「西武園ゆうえんち」が昨夏21日間の夜営業で約1万人を動 員したことを踏まえ復活させた。月末までの金曜〜日曜、午後9時まで営業する。料金 は大人1500円で、金曜(祝日を除く)は花火も打ち上げられる。 「ホテルニューオータニ」では、照明に工夫を凝らし、写真映えを意識した演出に力を 入れる。



大分でもヒアリ 確認7都府県に 
福岡県では新たに50匹  (2017.08)

 環境省と大分県は7月25日、同県中津市内の運送会社の敷地で南米原産の強毒アリ 「ヒアリ」が見つかったと明らかにした。ヒアリ確認は7都府県となった。県関係者に よると、調査の結果、北九州市から荷物を陸送する車両に付着した可能性があるという。

 一方、福岡市は25日、九州で初めてヒアリ数十匹が21日に確認された博多港で、その 後の調査で少なくとも約50匹が新たに見つかったと明らかにした。繁殖につながる女王 アリや幼虫は見つかっていないという。福岡市によると、21日に同市東区にある博多港 のコンテナヤードで、舗装の亀裂からヒアリとみられるアリ数十匹が見つかり、うち約 40匹がヒアリと確認された。その後の調査で、ほぼ同じ場所から約50匹が見つかった。



欧州広域で記録的熱波、溶けだす路面
スカートはく男性運転手も  (2017.07)

 熱波に見舞われている欧州は、広域でうだるような暑さとなり、英ロンドンでは41年 ぶりに6月の最高気温を更新した。ポルトガルでは発生した大規模な森林火災で64人が 死亡している。イタリアでは例年の平均気温を8度近く上回る猛暑が続き、気象予報士 らは過去15年で最強の熱波になる恐れがあると警告している。最高気温はミラノで39度、 高度1000メートルのアルプスでも30度を記録した。

 英国では、6月の気温としては1995年以来の5日連続30度超えとなった。南西に位置 するギルドフォードで路面のアスファルトが溶けだす事態に。車で通りかかった人々か らは、まるで日なたに置き忘れたチョコレートバーのようだとの感想も。フランス西部 ナントでは、バスや路面電車の男性運転手たちが、女性運転手にスカート着用が認めら れているのに男性は短パン着用禁止なのはおかしいと主張し、スカートをはいて抗議し た。



消費支出15カ月連続減 最長更新
  2人以上世帯の家計調査  /総務省 (2017.07)

 総務省が6月30日発表した5月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの 消費支出は28万3056円で、物価変動を除いた実質で前年同月比0.1%減だった。マイナ スは15カ月連続で、比較可能な2001年以降で最長を更新した。家計の節約志向が根強く、 消費の停滞が長期化していることを裏付けた。これまでの最長はリーマン・ショックを 挟んだ08年3月〜09年4月の14カ月連続だった。自営業などを除いたサラリーマン世帯 の消費支出は実質2.3%増の31万5194円で、2カ月ぶりの増加。



「パートタイム労働者」等の割合が上昇
組織拡大の取組対象 /厚労省調査 (2017.07)

 厚生労働省は6月20日、2016年「労働組合活動等に関する実態調査」結果を公表した。 組織拡大の取組対象として最も重視している労働者の種類は、「新卒・中途採用の正社 員」47.1%(2013年調査:36.7%)、「パートタイム労働者」17.8%(同13.2%)。 「組合加入資格がある」について、正社員以外の労働者を種類別にみると「パートタイ ム」32.3%、「有期契約」35.6%、「派遣」11.1%、「嘱託」30.7%となった。



日野原さん延命拒み、自宅で最期
聖路加病院が会見 /7月18日 (2017.07)

 105歳で死去した日野原重明さんが名誉院長だった聖路加国際病院(東京都中央区) の福井次矢院長が18日に会見し、日野原さんが経管栄養の延命措置を拒み、自宅での療 養を望んだことを明らかにした。福井院長は会見で、日野原さんが加齢に伴う心臓や消 化器、骨格筋などの不調に悩まされていたと明かした。3月に口からの食物摂取が難し くなって入院した際「経管栄養や胃ろうをしますか」と尋ねたところ、日野原さんは 「明確に拒否」して数日後に帰宅。自宅療養を経て最期を迎えたという。



アルバイト平均時給1006円
5月度 /リクルートジョブズ (2017.07)

 リクルートジョブズは6月20日、2017年5月度「アルバイト・パート募集時平均時給 調査」結果を発表した。三大都市圏(首都圏・東海・関西)の5月度平均時給は1006円 で、前年同月より22円増。「フード系」は過去最高額を更新した。



6月短観、景況感3期連続で改善
 大企業製造業、円安で (2017.07)

日銀が7月3日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の景 況感を示す業況判断指数(DI)が前回の3月調査から5ポイント上昇のプラス17となり、 3四半期連続で改善した。円安や海外経済の改善で企業心理が上向いた。先行きはトラ ンプ米政権の政策運営や英国の欧州連合(EU)離脱問題など不透明感が重しとなって悪 化した。海外情勢に対する慎重な見方は根強い。  最近の大企業非製造業の景況感は3ポイント上昇のプラス23だった。中小企業の全産 業は2ポイント上昇のプラス7だった。DIは業況が「良い」と答えた企業の割合から 「悪い」を答えた割合を差し引いた数値。



高齢運転者の死亡事故割合が増加
16年は13%、誤操作目立つ /交通安全白書 (2017.06)

 政府は6月13日午前の閣議で、2017年版「交通安全白書」を決定した。16年の75歳以 上の高齢運転者による死亡事故が459件となり、死亡事故全体に占める割合が13.5%に 上った。06年の7.4%から増加傾向が明確となった。75歳以上の免許人口10万人当たり の死亡事故は8.9件と75歳未満の3.8件の倍以上となった。

 高齢運転者が起こした死亡事故の要因は「操作の誤り」が全体の28%で、75歳未満の 16%を大きく上回った。白書は高齢者運転の特性を「視力が弱まり判断が不適切」など と明記。



タイブレーク導入の方向
 高野連、来春選抜大会から (2017.06)

 日本高校野球連盟は6月13日、大阪市内で技術・振興委員会を開き、試合の早期決着 を促すタイブレーク方式を来春の選抜大会から導入する方向で意見がまとまった。今後 は審判規則委員会などで議論を深め、11月下旬の理事会で最終決定する。  今春の選抜大会では、春夏通じて史上初めて1大会で2試合が延長十五回引き分け再 試合となった。日本高野連は5月に各都道府県連盟に対し、タイブレーク制導入に関す るアンケートを実施。47連盟のうち38連盟がおおむね賛成の立場で、7連盟が回答なし、 2連盟が時期尚早との意見だった。



「仮眠も労働時間」
残業代支払いを命令 /千葉地裁 (2017.06)

 警備業の「イオンディライトセキュリティ」の男性社員(52)が宿直の仮眠は労働時 間にあたるなどとして、未払い残業代などの支払いを求めた訴訟の判決が5月17日、千 葉地裁であった。小浜浩庸裁判長は「労働からの解放が保証されているとは言えない」 として、原告の請求をほぼ認め、未払い残業代と付加金の計約180万円を支払うよう同 社に命じた。

 

 判決によると、男性は2011年に入社し、都内や千葉市のスーパーで警備の仕事をし てきた。千葉市の店で働いていた13年1月〜8月には24時間勤務で、30分の休憩時間と 4時間半の仮眠時間があった。原告側は「仮眠時間でも制服を脱がず、異常があった際 はすぐに対応できる状態を保ったままの仮眠で、業務から解放されなかった」と主張。 小浜裁判長は「仮眠時間や休憩時間も労働から解放されているとは言えない」と指摘。

 

 男性は残業代支払いを求めた後に出された別の部署への異動命令についても、不当 な配置転換だなどとして慰謝料500万円を求めていたが、千葉地裁は「異動は業務上必 要があったと認められる」として、請求を棄却した。



4月の求人倍率、バブル期超えの1.48倍
正社員も1倍超え目前 /厚生労働省 (2017.06)

 厚生労働省が5月30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から0.03ポ イント上昇し、1.48倍だった。バブル経済時の最高水準の1.46倍を超え、高度成 長期直後の1974年2月に記録した1.53倍以来、43年2カ月ぶりの高水準となった。 企業の人手不足感は強まっており、正社員に限った有効求人倍率も初めての1倍 超えが視野に入る0.97倍だった。総務省が発表した4月の完全失業率(季節調整 値)は、前月と同じ2.8%だった。



銀行カードローン、19年ぶり高水準 
消費者金融などの約4兆円を上回る /日本銀行 (2017.06)

 国内銀行139行の2016年度末時点のカードローン貸出残高は、前年度より9.4%増え て5兆6024億円に達したことが、日本銀行がこのほど公表した「貸出先別貸出金」 で分かった。1997年度以来19年ぶりの高水準で、消費者金融など貸金業者の約4 兆円を上回る。

 カードローンの伸び率は、13年度末の16.0%をピークに3年連続で下がっているが、 銀行の貸出残高全体(482兆7598億円)の3.1%増より大きく、水準は依然として 高い。消費者金融には年収の3分の1以下しか貸せない「総量規制」があるが、 銀行は総量規制の対象外になっている。アパートローンなどの「個人による貸家 業」向け貸出残高は、4.1%増の22兆4388億円だった。相続税対策の地主に加え、 低金利の銀行融資でアパート経営に乗り出すサラリーマン家主が増えている。



世界の軍事費、1兆6860億ドル
 世界GDPの2.2% /SIPRI (2017.06)

 ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の「世界の軍事費、2016年」によると、 世界の軍事費(2016年)は、前年比0.4%増の1兆6860億ドル(184兆円)で、原 油安で産油国の軍事費が減り(サウジ30%減)、ロシア脅威で東欧の一部で増 (ラトビア44%増、リトアニア35%増)などとなっている。軍事費は世界GDP の2.2%(中東はGDPの6.0%)。  

 軍事費の国別ランキングでは、上位15カ国は変わらないが、トップは「米国」の6110 億ドル(前年比1.7%増)、2位は「中国」2150億ドル(同5.4%増)、3位「ロ シア」692億ドル(同5.9%増)。4位以下は「サウジアラビア」「インド」「フ ランス」「イギリス」と続き、「日本」は8位で461億ドル(同2.7%増)だ。

核弾頭の保有(SIPRI推定)は、「米国」7290発、「ロシア」7000発、「フラ ンス」300発、「中国」260発、「英国」215発、「パキスタン」110〜130発、 「インド」100〜120発、「イスラエル」80発、「北朝鮮」10発の可能性、となっ ている。



アリゲーターガー、各地で目撃 
名古屋城の外堀で8か月ぶりに出現  (2017.05)

 怪魚・アリゲーターガーは「釣り人が釣ってみたい人気の魚」 らしく、各地で目撃 が相次ぐ。まさに雑食。小さな魚からコイ、ザリガニ、なかにはネズミを食うこともあ る。先日、体長1メートルを超える“アリゲーターガー”が兵庫県たつの市の揖保川下 流地域で捕獲された。また、名古屋城の外堀で8か月ぶりに出現。まるでワニのような 見た目から話題となっている。

 釣り人は、釣ったことのない魚を狙って釣るのが楽しい。いつかアリゲーターガーを 釣ってみたい人も多く、じつは近年、観賞魚としても人気があるらしい。北米原産の淡 水魚。高い品種のプラチナアリゲーターガーだと100万円以上するが、いま各地の川な どに出没しているものは通常のアリゲーターガーで熱帯魚店では10センチくらいの幼魚 が2000円〜3000円程度で買える。熱帯魚などを飼う人の心理として、エサを食べている ところを見るのが好きなのだそうだ。



大正製薬「ドゥファイバー」など  
トクホ緑茶、規格満たさず /消費者庁 (2017.05)

 消費者庁はこのほど、佐藤園(静岡市)が製造し大正製薬が販売する特定保健用食品 (トクホ)の粉末緑茶「ドゥファイバー粉末スティック〈グアーガム〉」と、佐藤園が 製造販売する同「緑の促茶」について、食物繊維の含有量が規格値を満たしていなかっ たと発表した。両社は健康被害の報告はないとした上で、同日から自主回収を開始した。 大正製薬は販売を中止する。

 両商品は同じ内容物で、1包4グラムを水やお湯に溶いて飲用する。佐藤園が消費者 庁に提出したトクホ申請資料には「グアーガム分解物」という食物繊維を規格値2.6グ ラムで配合すると記載。「便通を改善する」などとして許可を得ていた。しかし、商品 の買い上げ調査の結果、規格値の8割程度しか含まれていなかったことが判明した。同 庁は「原材料をめぐる品質管理の初歩的なミス」と判断し、許可取り消しは行わない方 針。業界団体などを通じて注意を促すとしている。



消えゆく「2階建て新幹線」
 上越新幹線、2020年度末までに廃車へ (2017.05)

 JR東日本は、上越新幹線で活躍するE4系車両を2020年度末までに廃車すると発表した。 E4系の引退で、新幹線からは2階建て車両が消えることになる。新幹線に初めて登場 した2階建て車両は、国鉄末期の1985年にデビューした100系である。東海道新幹線の2 代目車両として開発され、「団子鼻」の0系とは対照的なすらっとしたシャープな先頭 形状はたちまち子どもたちの人気者となった。この100系の目玉が、編成の真ん中に連 結された2両の2階建て車両だった。相次ぐ値上げなどで航空機へ乗客を奪われていた 国鉄が、スピードとともに快適性をPRするために導入。1両はグリーン車で、2階部分 は通常の開放式だが、1階にはこれまた新幹線初となる個室が設置されていた。もう1 両の2階建て車両は食堂車で、2階に客席、1階に厨房が置かれていた。

 時代は流れ、輸送力の増強が必要となり、特にE4系は1編成の両数を10〜12両から 8両と短くする代わりに、2編成を併結した16両での運行を可能とし、朝ラッシュ時に は絶大な威力を発揮した。最高速度もE%系になって時速320キロに。最高速度もE5 系の時速320キロに対し、E4系は時速240キロまでしか出せないため、特に速達列車が 多い東北新幹線からは2012年に撤退。そして今回、上越新幹線からも姿を消すことになっ た。



早大生、南谷真鈴さん北極点到達 
エクスプローラーズ・グランドスラムを達成 /理研 (2017.04)

 早大に通う現役女子大生で、冒険家の南谷真鈴(みなみや・まりん)さん(20)が4月 13日に北極点到達に成功した。昨年7月に世界7大陸最高峰の登頂に成功。同年1月に は南極点を踏破しており、今回の北極点制覇で「エクスプローラーズ・グランドスラム」 を達成。20歳112日での成功は、世界最年少となる。

 南谷さんによると、今年は北極の気温が低かったことから例年では海の部分が凍って おり「水の中に入ったり、迂回(うかい)コースを取る必要がありませんでした」。ス タート地点から一直線で進むことができ、14日間の予定が8日間でゴールに到達するこ とができたという。とはいえ、過酷な環境な場所だけにさまざまなアクシデントも。ホッ キョクグマに遭遇し、ソリの中にある食糧のサラミを食べられたこともあったそうで 「銃を撃って脅かして撃退しました」と振り返った。また、体調不良などにより、同行 していた外国人冒険家2人が、途中でリタイアしたことも明かした。次は冒険の舞台を 山から海に移し、今年7月から南アフリカで5カ月間のトレーニングを積んだ後に世界 一周を目指すという。



納豆購入額 水戸市が日本一奪還 
前年は5位、消費拡大策が奏功  (2017.04)

 2016年の1世帯(2人以上)当たりの納豆購入額で、水戸市が全国1位を奪還したことが、 総務省の家計調査で明らかになった。前年の5位転落を受け、街頭イベントや市民講座 の開催など、製造業者で組織する組合や市が進めた消費拡大策が効を奏した格好だ。同 市が1位になるのは13年以来3年ぶり。調査は全国の都道府県庁所在地と政令指定都市 の計52都市の約8000世帯を対象に、1世帯当たりの平均購入額を算出して発表。

 16年1年間の水戸市の納豆購入額は1世帯当たり5564円(前年比337円増)で全国トッ プ。「納豆の本場」として、1位を取り戻した。14、15年と2年連続で首位だった福島 市は5389円(同764円減)で3位に転落した。5位までの順位は東北、北関東地域が占め た。



日本一短い手紙、大賞に5作品 
 「ごめんなさい」を込めて /4万通以上の応募 (2017.04)

 日本一短い手紙のコンクール「第24回一筆啓上賞」の大賞を、主催する丸岡文化財団 (福井県坂井市)がこのほど、発表した。「ごめんなさい」をテーマに全国から寄せら れた4万4000通以上の中から、千葉県野田市の小学2年佐藤蓮君(7)らの5作品が選ば れた。蓮君は母親に宛てて「『ごめん』って ぼくの口はあかないんだ口に力が入って。 手に力を入れて書くよ。ごめん」と、悪いと分かっていても謝れない葛藤を表現した。 丸岡文化財団の担当者は「会えない人へ言いたくても言えないことや、今だから言える ことなどいろんな『ごめんなさい』が表現されていた」と話した。



世界初、他人のiPS移植
目の病気に網膜細胞 /理研 (2017.04)

 理化学研究所などのチームは3月28日、目の病気の患者に、他人の人工多能性幹細胞 (iPS細胞)から作った網膜の細胞を移植する手術を実施したと発表した。他人のi PS細胞を使った移植は世界初。患者本人のものを使うより準備期間が短く、費用も安 くなる利点がある。iPS細胞を使った日本発の再生医療の普及に向けた大きな一歩と なる。

 理研の高橋政代プロジェクトリーダーらが、神戸市立医療センター中央市民病院で臨床 研究として実施した。「滲出型加齢黄斑変性」の60代男性に対し、iPS細胞から作っ た網膜細胞を含む溶液を注射針で目に注入。細胞が網膜に定着するのを待つ手法で移植 した。



今春大卒内定率90.6%で最高 
2月時点、6年連続で改善 /文科・厚労調査 (2017.04)

 文部科学、厚生労働両省は3月17日、今春卒業予定の大学生の就職内定率が2月1日 時点で90.6%だったと発表した。前年同期比2.8ポイント増で、6年連続で改善。この 時期のデータがある2000年以降で最高となった。

 文科省の担当者は「景気の影響もあり、企業の採用意欲が高い」と分析した。今後の 調査で、過去最高だった昨春卒業の大学生の就職率97.3%(昨年4月1日時点)を上回る かが注目される。全国の国公私立大から62校を抽出し、就職希望者に占める内定者の割 合を調べた。地域別では、関東と近畿がともに91.9%で最も高く、中部が91.5%で続い た。



トヨタ、ベア1300円 前年割れ
 家族手当を拡充、ボーナスは満額 /2017春闘 (2017.04)

 トヨタ自動車が2017年春闘で、賃金体系を引き上げるベースアップ(ベア)について 月額1300円で労働組合側と妥結した。前年の妥結額の1500円を下回るものの、子どもが いる家族への手当を拡充することで決着した。ベア実施は4年連続。トヨタ自動車労働 組合が6.3カ月分を求めた年間一時金(ボーナス)は、7年連続の満額回答とする。月 例賃金はベアと定期昇給分(7300円)を合わせると、8600円の引き上げとなる。労組は ベアに相当する賃金改善分として、前年と同様に月額3000円を要求していた。



ブータン人の9割が「幸福」
調査に日本の国際協力機構(JICA)が協力  (2017.03)

  ヒマラヤの小国ブータンの王立研究所のカルマ・ウラ所長(55)が3月15日、同国が 国民の心の充実を追求しようと独自に設けた指標「国民総幸福量(GNH)」の最新の 調査で「幸福」と分類された人がブータン人の約91%に上ったと明らかにした。調査は 同研究所と日本の国際協力機構(JICA)が協力して2015年1〜5月に実施。健康や 精神的幸福、時間の使い方など9項目について聞き取り、7153人から回答を得た。ウラ 所長は教育を受け、労働時間が長くない人の幸福度は高い傾向にあると指摘。一方で 「怒りなどネガティブな感情は幸福度に悪影響を与える」と述べた。



暴力団構成員、初の2万人割れ 
前年より約2000人の減少 /組織犯罪情勢 (2017.03)

 全国の暴力団構成員は昨年末現在で約1万8100人となり、統計が残る1958年以降で初 めて2万人を下回ったことがこのほど、警察庁がまとめた「組織犯罪情勢」で分かった。 前年より約2000人の減少で、要因を「暴力団対策法による締め付けや、民間で広がる反 社会的勢力の排除で資金確保が厳しくなったため」と分析している。準構成員らは約2 万900人。警察庁はこれまで、暴力団活動や薬物・銃器犯罪、来日外国人犯罪を個別に 集計していたが、初めて組織犯罪の観点から包括的に分析。暴力団活動で「しのぎ」と 呼ばれる資金確保で、覚醒剤への回帰など変化が見られた。



1月度平均時給は1612円
 三大都市圏派遣スタッフ /民間調査 (2017.03)

 リクルートジョブズの調査研究機関ジョブズリサーチセンターがこのほど発表した 2017年1月度「派遣スタッフ募集時平均時給調査」結果によると、三大都市圏(関東・ 東海・関西)の平均時給は1612円で、前年同月より14円減少。職種別では、「クリエイ ティブ系」のみ前年同月比マイナス、他の職種は全てプラスだったが、全体としてはマ イナスとなった。



三大都市圏派遣スタッフの1月度平均時給は1612円 
前年同月より14円減少 /民間調査 (2017.03)

 リクルートジョブズの調査研究機関ジョブズリサーチセンターがこのほど発表した 2017年1月度「派遣スタッフ募集時平均時給調査」結果によると、三大都市圏(関東・ 東海・関西)の平均時給は1612円で、前年同月より14円減少。職種別では、「クリエイ ティブ系」のみ前年同月比マイナス、他の職種は全てプラスだったが、全体としてはマ イナス。

 関東全体は前年同月より23円減少、増減率マイナス1.3%となった。「クリエイティ ブ系」(前年同月比増減額マイナス17円、増減率マイナス1.0%)のみがマイナス、他 の職種は全てプラスだったものの、全体としてはマイナスとなった。前月比は、「営業 ・販売・サービス系」(前月比増減額マイナス21円、増減率マイナス1.4%)、「医療 介護・教育系」(同マイナス8円、マイナス0.5%)でマイナスとなった。



前人未到、縄跳び7重跳びに成功
福井の森口明利さん四つめギネス  (2017.03)

 高校の授業で縄跳びに興味を覚え、高校3年間のうちに5重跳びもこなせるようにな っていた、現在、福井市の会社員森口明利さん(27)が、縄跳びの「7重跳び」に世界で 初めて成功し、ギネス世界記録に認定された。6重跳びを初めて跳んでから8年越しの 達成に、森口さんは「これまでの練習の成果。やっと跳べてうれしい」とにっこり。森 口さんは2014年に「78回連続4重跳び」と「2回連続6重跳び」、16年に「21回連続5 重跳び」でギネス世界記録に認定されており、今回で通算四つめの記録となる。

 ギネス世界記録に認定されるには、専門家2人の立ち会いとビデオ撮影が必要。森口 さんは、今年1月14、15日に兵庫県・淡路島で行われた同県など3県の子どもたちが集 まる縄跳び合宿にゲストとして呼ばれ、7重跳びに挑戦して1回成功させた。2月6日 にギネスワールドレコーズ(英国)の日本オフィスから本人に認定の知らせがあった。



企業の4割超が「正社員不足」
 過去10年間で最多 /帝国データバンク (2017.03)

 インターネット上で実施し、1万195社が回答し、2月21日にまとめを発表した帝国 データバンクによると、「正社員が不足している」と答えた企業は43.9%に上った。前 回調査(2016年7月)から6.0ポイント増え、過去10年間で最も高かった。

 また、正社員不足の企業が最も多い業種と最も少ない業種の割合の差は、前回調査 から14.2ポイント減の46.0ポイントへと縮小しており、より人手不足が拡大している様 子がうかがえる。企業からは「工事案件が数多くあり、人手が足りずに受注しかねる状 態」(経営コンサルタント)、「人手不足で仕事を取りに行けない。機動力のある大き い企業が有利」(建設)――など、正社員不足が受注に悪影響を及ぼしているという声 が上がっている。



外国人労働者約108万人  
届出義務化以来最高 /厚労省 (2017.02)

 厚生労働省は1月27日、外国人雇用についての事業主からの届出状況を公表した。20 16年10月末現在108万3769人で、前年同期比17万5873人(19.4%)増加。2007年に届出 が義務化されて以来、過去最高を更新。国籍別では、中国が最多で34万4658人(全体の 31.8%)、ベトナム17万2018人(同15.9%)、フィリピン12万7518人(同11.8%)など。 対前年伸び率は、ベトナム(56.4%)、ネパール(35.1%)が高い。

 外国人労働者を雇用する事業所数は17万2798カ所で、前年同期比2万537カ所(13.5% の増加)。在留資格別では、「専門的・技術的分野」の労働者が20万994人で、前年同 期比3万3693人(20.1%増)。また、永住者や永住者を配偶者に持つ人など「身分に基 づく在留資格」は41万3389人で、前年同期比4万6178人、12.6%の増加となっている。



2017春季交渉が実質スタート 
連合と経団連の懇談会 (2017.02)

 連合(神津里季生会長)と経団連(榊原定征会長)は2月2日、都内でトップによる 懇談会を開き、2017年の春季労使交渉が実質的にスタートした。経団連の榊原会長は 「経済の好循環をしっかり回す観点から、これまで3年間続いてきた賃上げのモメンタ ムをしっかり継続していく」などと主張。これに対し、連合の神津会長は「世の中全体 の波及効果や購買力の底上げにどう響くかを考えた場合、月例賃金の引き上げが極めて 重要だ」などと述べ、月例賃金の引き上げにこだわる考えを改めて強調した。今後、3 月15日の大手集中回答日に向けて労使交渉が本格化する。



浜松ギョーザ3年連続首位 
 世帯当たり購入額 /家計調査善 (2017.02)

 2016年の総務省家計調査で、浜松市のギョーザの世帯当たり購入額がライバルの宇都 宮市を抑え、3年連続で首位となったことが分かった。浜松市が結果を集約し公表した。

 浜松市役所にはギョーザ愛好家らでつくる「浜松餃子学会」の会員や同市のマスコッ トキャラクターが集まった。同市の鈴木康友市長は「非常に喜ばしい。観光客に日本一 の浜松ギョーザを味わってもらいたい」とコメントを出した。昨年1年間の家計調査に よると、全国の県庁所在地と政令指定都市の1世帯当たりのギョーザ購入額は、浜松市 が4818円、宇都宮市が4651円、宮崎市が2895円の順だった。



生活保護世帯が最多更新 昨年11月 
 1人暮らしの高齢者世帯が増加  (2017.02)

 厚生労働省は2月1日、全国で生活保護を受けている世帯は昨年11月時点で、163万 9525世帯となり過去最多を更新したと発表した。1人暮らしの高齢者世帯の増加が主な 原因で、昨年10月よりも1659世帯増えた。受給者数も1171人増で、214万5930人とな った。世帯別(一時的な保護停止を除く)では、65歳以上の高齢者世帯が前月よりも 1355世帯増の83万7742世帯となった。このうち大半を占めるのは単身世帯で、75万 9809世帯だった。母子世帯は185世帯増の9万9316世帯。現役の働ける世代を含む「 その他世帯」は121世帯減の26万2591世帯だった。



身近な製品事故で900人死亡 
救える命多く /10年分初集計(2017.02)

 ストーブや介護用品といった暮らしの中の身近な製品を使って起きた死亡事故が昨年 3月までの10年間に少なくとも計770件発生し、死者は計903人に上ることがこのほど 、製品評価技術基盤機構(NITE)の発表で分かった。

 消費者庁や、NITEを所管する経済産業省によると、こうした製品事故全体の死者数集 計は初めて。製品別では169人が死亡した石油ストーブが最も多く、高齢者の事故も目 立つ。不注意や誤った使い方が原因とみられる事故が全体の4割を占め、製品を正しく 使えば救えた命は多い。NITEは「家族ら周囲の人が使用者に注意を促すのも有効だ」と している。



求人倍率1.36倍で25年ぶり高水準 
 失業率は3.1%に改善 /2016年 (2017.02)

 厚生労働省が1月31日発表した2016年の有効求人倍率は1.36倍と前年比0.16ポイン ト上昇し、1991年(1.40倍)以来25年ぶりの高水準となった。また、総務省が同日発 表した16年の完全失業率は3.1%と0.3ポイント改善し、94年(2.9%)以来22年ぶりの 低さ。少子高齢化で人手不足感が強まっている面がある。

 有効求人倍率の改善は7年連続。雇用の先行指標とされる新規求人倍率も2.04倍と91 年以来の高水準となった。業種別の新規求人数をみると、教育・学習支援業(8.9%増) や医療・福祉業(7.1%増)などが目立った。完全失業者数は208万人と14万人減少した 。就業者数は6440万人と、前年に比べ64万人増加した。15〜64歳の人口に占める就業 者の割合は16年平均で74.3%で、比較可能な68年以降過去最高の水準だ。



組合員数、994万人と前年比で5万8000人増 
 推定組織率は17.3%で0.1ポイント減  /労働組合基礎調査 (2017.01)

 厚生労働省発表の「2016年労働組合基礎調査の結果」(16年6月30日現在)によると、 労働組合員数は994万人と前年比で5万8000人増加した。しかしながら、雇用者数が前年 より75万人増加したことにより、推定組織率は17.3%(0.1ポイント減)となった。ま た、労働組合数も前年より301組合減少(1.2ポイント減)となっており、近年の減少傾 向に歯止めがかかっていない。

 労働組合員数の内、女性労働組合員数は約319万人となり、前年より約7万2000人の増 加、推定組織率は12.5%(前年同値)となった。また、パートタイム労働組合員数は、 113万1000人となり、前年より約10万6000人の増加、推定組織率も0.5ポイント増の7.5 %と過去最高値を更新した。

 民間企業の労働組合員数は約849万人となり、前年より1.0%増となる一方で、公務の 組合員数は約86万人で1.4%減となった。また企業規模別では、1000人以上の企業では 約551万人(6万4000人増)となり、推定組織率は44.3%(1.4ポイント減)となった。 100〜999人の中規模企業では約177万人(3000人減)、12.2%(前年同値)、99人以下 では約22万人(6000人減)0.9%(前年同値)となっている。



事業費の5割超を「身内」に還流 
寄付金などは事業費の約2割 /エコ推(2017.01)

 ペットボトルキャップのリサイクルを呼びかけているNPO法人「エコキャップ推進 協会」(エコ推、横浜市)が2014年度、キャップの売却益を主な原資とする事業費の5 割超を、子会社を通じて理事長や一部理事らの給与に充てていたことが分かった。 横 浜市に提出された事業報告書によると、エコ推は14年度の事業費6139万円のうち、約7 割に当たる4157万円を運営事務費などの「業務委託費」として計上し、大半を子会社 「スタッフルーム」に支払っていた。

 業務委託費のうち3200万円が人件費。矢部理事長は、エコ推の役員報酬(月額20万円) に加え、スタッフルームの社員として毎月35万円の給与を受け取っていた。エコ推は、 子どもへのワクチン寄贈や途上国の貧困救済支援、障害者の自立支援を定款に掲げるが、 14年度は寄付金などの合計は事業費の約2割、1349万円だった。



図書館を街づくりの核に 
 地域活性化へ文化基盤整備 /全国調査(2017.01)

 公立図書館で地域振興や街づくりを目的とした事業を行う自治体の数が、少なくとも 497に上ることが1月9日、日本図書館協会(日図協)が実施した初の全国調査で明ら かになった。農家との交流会や子育て中の女性の就業支援、ビジネス相談など多彩な取 り組みの実態も判明。政府が「地方創生」を掲げる中、図書館を街づくりの核に据えて 地域活性化を目指す自治体の広がりが浮き彫りになった。文化基盤の整備が地域活性化 につながるとの認識の浸透が背景にある。



体力テスト、女子小中で最高更新 
 男子は小中ともボール投げ最低  /スポーツ庁(2017.01)

 スポーツ庁はこのほど、小学5年と中学2年の全員を対象に2016年4〜7月に実施し た16年度全国体力テストの結果を公表した。女子は前年度に続き、実技8種目の合計点 の平均値が小中とも過去最高を更新。同庁は「運動習慣の少ない女子に対し、ダンスな ど取り組みやすい体育の授業実践が結果を押し上げた」と分析している。小5男子は過 去最低の前年より上昇。中2男子も前年を上回ったが、種目別で課題とされているボー ル投げが、男子は小中とも過去最低だった。合計点(80点満点)の平均値は小5女子が 55.54点、中2女子が49.41点。小5男子は53.93点、中2男子は42.00点だった。



コメ作況「やや良」確定
16年産、全国指数103 (2017.01)

 農林水産省は2016年1222日、2016年産水稲の全国の作況指数(平年=100)を「やや 良」の103で確定したと発表した。北陸地域を中心に、おおむね天候に恵まれ、豊作基 調となった。作況指数が100以上となるのは6年連続。主食用米の収穫量は、前年比0.7 %増の749万6000トン。新潟、富山、石川、福井の各県の10アール当たり収量は過去最 高を記録。飼料用米などへの転作が進み、作付面積は138万1000ヘクタールとなり、15 年産と比べ2万5000ヘクタール減少。



創作熟語にポケモン「GO夢中」 
 2016年の四字熟語 /住友生命(2017.01)

 住友生命保険は2016年の「今年の世相を反映した創作四字熟語の優秀・入選作品」を 発表した。優秀作には、幅広い年代の人がのめり込んだ人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」 を念頭にした「GO夢中(五里霧中)」などが入った。25年ぶりにプロ野球セ・リーグを 制した広島カープの好調ぶりを象徴し、今年の流行語大賞になった「神ってる」にちな んだ「神鯉万勝(森羅万象)」も選ばれた。優秀作は、スポーツ関連の作品が多かった。

 政治分野では、東京都の小池百合子知事による2020年東京五輪の計画見直しや築地 市場の豊洲移転問題などが「新都多難(前途多難)」と表現された。日銀のマイナス金 利政策は「利息負利(不即不離)」という言葉に生まれ変わった。今回は1万2187作品 の応募があり、歌人の俵万智さんが審査した。 



来年度予算案、97.5兆円で過去最大 
 新規国債の発行額が34.4兆円  (2016.12)

 国の2017年度予算は一般会計の総額で97.5兆円程度となり、今年度の当初予算より 7000億円強増え、5年連続で過去最大を更新する。高齢化で医療や介護などに使う社会 保障費が増え続けているためだ。税収は足踏みする景気の影響を受けて約1000億円増の 57.7兆円にとどまり、「借金頼み」の状況が続く。歳入で、新たな借金となる新規国債 の発行額が34.4兆円程度となり、今年度当初よりわずかに減る。法人税の落ち込みで税 収見通しは下方修正した。政府は22日に予算案を閣議決定する。



就業継続意欲、10年前より上昇 
独身女性の結婚後 /成年者縦断調査(2016.12)

 厚生労働省はこのほど、同じ集団を対象に毎年実施している「21世紀成年者縦断調査 (2012年成年者)」の第4回(2015年)および「同(02年成年者)」の第14回(15年 )結果を公表した。独身女性の結婚後の就業継続意欲をみると、10年前に比べ、「結婚 した後も続ける」割合は41.8%から44.6%へと高くなり、「結婚を機にやめる」割合は 21.9%から17.1%と低くなっている。



「ポケモンGO」が検索上昇1位 
 2位は「オリンピック」 /グーグルのランキング(2016.12)

 グーグルは12月14日、日本国内での検索が今年急上昇したワードのランキングを発表 した。1位はスマートフォン向けゲームを検索した「ポケモンGO」で、2位は「オリン ピック」。3位は年末で解散するアイドルグループ「SMAP」だった。ベスト10には、 熊本地震(5位)と台風10号(9位)の自然災害や、ヒットした映画「君の名は。」( 6位)「シン・ゴジラ」(7位)がランクイン。このほか、次期米大統領の「トランプ 」(4位)や投稿動画が大ヒットした「ピコ太郎」(8位)なども入った。



ヒット横綱は「リオ五輪快進撃」
 「ポケモンGO(ゴー)」は西の横綱  (2016.12)

 三井住友銀行系のSMBCコンサルティングはこのほど、「2016年ヒット商品番付」 を発表し、東の横綱に日本選手団が史上最多の41個のメダルを獲得した「リオ五輪の快 進撃」を選んだ。西の横綱は、社会現象にもなったスマートフォン向け人気ゲーム「ポ ケモンGO(ゴー)」。番付は東の方が上位。大関には大ヒットした映画「君の名は。」 と、新幹線の開業やプロ野球日本ハムの日本シリーズ制覇などに沸いた「北海道」を選 出した。今年の番付の上位は地域に関連した話題が多く、プロ野球セ・リーグで25年ぶ りに優勝した「広島東洋カープ」が小結に入った。

■2016年のヒット商品番付
横綱  リオ五輪の快進撃・ポケモンGO
大関  「君の名は。」・北海道(新幹線・日ハム・大谷翔平)
関脇  日本人3年連続ノーベル賞受賞・ピコ太郎
小結  広島東洋カープ・インスタグラム
前頭1 IQOS・「シン・ゴジラ」
前頭2 AI加速・EXPOCITY
前頭3 国立西洋美術館・若冲展
前頭4 バスタ新宿・京都鉄道博物館
前頭5 スポーツカー・熟成肉



鳥取県米子市でも鳥インフル 
野鳥やふんなどから検出 /全国で今季6カ所目(2016.12)

 環境省は11月30日、鳥取県米子市で回収したコハクチョウ2羽の死骸などから、高病 原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。野鳥やふん などからのウイルス検出は全国で今季6カ所目。また、秋田市の動物園で死んだシロフ クロウ2羽からもウイルスを検出した。この動物園ではこれまでに、コクチョウ3羽で 感染が確認されている。



求人倍率、25年2カ月ぶり高水準
 年末を前に人手不足感が強まる /厚労省(2016.12)

 厚生労働省が11月29日発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は前月に比べ0.02 ポイント上昇の1.40倍の高水準となった。上昇は2カ月連続。1991年8月(1.40倍)以 来25年2カ月ぶりの高水準となった。雇用指標は改善が続き、年末を前に人手不足感が 強まっている。総務省が発表した完全失業率(季節調整値)は3.0%だった。都道府県別 では、最高の東京都が2.07倍。最低の沖縄県も1倍と、全都道府県で1倍を超えた。厚 労省は「雇用環境は引き続き改善傾向にあり、今後も続く可能性が高い」とみる。

 一方、総務省発表による10月の完全失業率は前月と同じ3.0%。他の指標は改善が目立 つ。完全失業者数(季節調整値)は197万人と、95年2月(198万人)以来21年8カ月ぶ りに200万人を下回った。正社員は前年同月に比べ74万人増の3405万人、非正規社員は31 万人増の2028万人だった。正社員の増加幅は2カ月連続で非正規を上回った。








<<TOPへ戻る